育児と冒険の履歴

子育てをしながら冒険し続ける記録

家庭菜園の履歴

三つ編みにんにく

貰い物です。

ジューンベリー

赤くなってきたら 鳥に見つかる前に その都度収穫。

菜の花の収穫

ラディッシュやからし菜など ツボミはまだまだ美味しく収穫可能。

春夏の耕運機

冬仕様の畑は一気に整理し 春夏仕様にして耕したのだ。

庭仕事とコノスル

畑仕事の合間に小屋で小休止。 チーズとプルーンをつまみながら もうひと頑張りなのだ。

庭仕事

妻は花の手入れ 僕は薪割りと畑の手入れ

ほうれん草の収穫

寒の締めほうれん草の収穫

耕運機始動

こまめ始動なのだ。

菜園収穫

ブロッコリー取ったよ。

畑日和

白菜とキャベツにトンネルをかけて 青虫対策をしたのだ。

大きなオリーブの木の下で

庭の片隅に 子供の遊びスペースを仮移設。

雑誌掲載 「薪ストーブの本」vol.13

雑誌「薪ストーブの本」vol.13に 1/2ページ紹介して下さいました。 土間にあるMORSO 3610の薪ストーブの実用例です。

ダッチオーブンと雑草

果てしない雑草取りは時間を忘れるけど なかなか完成しない料理との相性は良い様だ。

日常と特別のあいだ

お出掛けも嬉しいけど 庭で遊ぶのも好きです。

ナス4種盛り

今年の菜園のナスは個性のある4種 普通のナスはありません.

ジューンベリージャム

濃い赤色に熟した実は 鳥が気付く前にその都度収穫して 冷凍保存した。その量1.5kg。 木の成長と共に収穫量も増えるのが楽しい。

ジューンベリー

頂き物の苗でしたが 3年も経てば3m近い背丈。 今年は鳥に食べられる前に 赤く熟した実を都度収穫する事に。

豆で収穫

スナップエンドウ・絹さや そしてグリンピース。 新たに花芽が付かなくなってきたら 中の豆を大きくして収穫するのだ。

ほうれん草のパスタ

自家製ベーコンを炒めて、 チーズをガリガリする。 今が収穫最盛期のほうれん草で パスタを作るのだ。

春夏野菜の準備

ブロッコリーも菜の花も 芽キャベツも収穫は終わり。 ぜーんぶ抜いて元肥を漉き込んだら 一気に耕すのだ。

沼サンとは?

大量の菜園のキャベツに自家製ハムとチーズを 自家製パンで挟む。 チーズが自家製では無い代わりに 自家焙煎コーヒーでカバー。

キャベツ収穫

青虫にやられていない 無農薬で綺麗なキャベツを収穫し 2016年の家庭菜園初めとなりました。

秋冬の実りへ

苗類を植えたら次は葉物の種。

ハバネロオリーブオイル

オリーブオイルを使って低温で揚げて 辛味を生かしてみました。

秋の家庭菜園

秋野菜の準備の為 夏仕様の家庭菜園は潔く整理し 新米の籾殻を使った特製肥料で 土作りをします。

辛党の味覚

今年はハバネロも育ててます。 さて、どんな料理に使おうかな。

自家製有機肥料の巻

ちゃんと考えた肥料は春と秋の菜園を一新する時期に 合わせて漉き込んでますが、 日常は電動コンポストで生ごみを堆肥にして 自家精米機から出た米ぬかを合わせた有機肥料が 溜まり次第、バラバラと撒くだけ。 無精ですが、 それでも自然は受け入れてくれる…

新ジャガ収穫

品種が違うと収穫時期も違うのだ。

ズッキーニ親子

葉っぱに隠れて収穫を逃れた。

収穫から始まる朝

ズッキーニの受粉から始まり 頃合いの大きさになった実を収穫します。 今日はこれくらい。 これからもっと収穫が増えます。

じゃがいも畑の準備

久しぶりに耕運機で全面を耕した。 そしてコンポストの残渣と有機肥料の元肥を 漉き込んだのだ。 今年のジャガイモ、何にしようかな。

クチナシの実と正月の夢

梔子の実を完熟させて柔らかくしてから収穫する。 そして薪ストーブの前で一日乾燥。 正月の栗きんとんで使うのが夢。 結局収穫するだけで消費できないのだ。

菜園のミルフィーユ

全て菜園の野菜で ミルフィーユを作ってくれました。 Merry X'mas

冬野菜の収穫

思い切って虫除けの寒冷紗を外し 冬の日差しを浴びさせる

ジャガ麻袋

たまには広げて腐ったヤツを見つけないと、 どんどん伝染するのです。 今年は豊作。 まだまだあるのだ。

土用干し

梅はその日の難逃れ。 さて今年の塩梅はどうかな。

雑誌掲載「田舎暮らしの本」8月号

雑誌「田舎暮らしの本」で3ページ 紹介して下さいました。 テーマは「田舎で菜園生活」です。

ノンフライポテト

おやつは、収穫したてのきたあかりです。 揚げずにローストした一品なのだ。

夏野菜の収穫

デッキに椅子とテーブルを出して 収穫した野菜を並べてみる。

らっきょう瓶詰め

そして2種類の酢と3種類の甘味を使い分け 瓶詰めにするのだ。

らっきょう仕込み

今年のラッキョウは合計4kg収穫。 根っこと葉っぱを切って薄皮剥いて 一日がかりで下ごしらえ。

有機栽培した豆と野菜など

スナップエンドウの収穫が最盛期になる頃 春夏野菜の植え付けも完了します。 菜園の野菜は化学肥料と農薬は使わず 有機肥料で育ててます。 要は気持ちの問題です。 有機栽培は野菜がおいしくなりそうな感じだったり 体に良さそうな感じだったり 土が育ち微生…

タマネギの収穫

来冬用の薪を入れる前に 薪小屋の屋根の下に干しました。 まだまだ越冬野菜の収穫は続きます。

おの義剪定鋏

野菜の収穫や茎の剪定などに使うハサミを おの義の両刃芽切鋏に替えました。 小さな工場の中で数人で作っているそうです。

理想を失わない何か。

家庭菜園とDIY、地域の掃除の時には 必ずビーンブーツを履き、オーバーオールを着る。 そんなの何でも良いと感じてきたら、それが「老い」

ほうれん草の収穫

ペーストにして チーズと和えた。

今年のジャガイモはキタアカリ

子供と一緒に 耕運機で耕しました。