育児と冒険の履歴

子育てをしながら冒険し続ける記録

美味なる食事

燻製日和

色々仕込みました。

ジューンベリー

赤くなってきたら 鳥に見つかる前に その都度収穫。

お好みで。

お昼はお好み焼き1/4

薫燻ベーコン的な。

久しぶりにベーコンを燻製 ウイスキーを効かせた仕込みと ピートを多めのサクラスモークで燻製。 風味が強めの仕上がりなのだ。

ほろ苦のふきのとう

綺麗に洗って天ぷらに。

春の味覚

裏の山でふきのとう採ったよ。

湯種ミルクハニー

牛乳とはちみつ入れた。 心なしか優しいツヤと焼き色。

BRIELのエスプレッソマシーン

綺麗なクレマが出来るのが売りだった 10年もののBRIELのエスプレッソマシーン。 しかしアフターサービスはもう期待出来ず、 自分で修理しながら大事に使っています。

湯種山食

中はもっちりなんだけど 外皮をもっとバリバリさせたいのだ。

カントリーログマアム

菜種油にこだわりがあるのだ。

シリアル樹皮

手作りシリアルバーと 桜の樹皮が似ている件について。

薪釜山食

炉内の温度とか熾火の熱源とか 焼きムラとか火の粉が飛んだ後とか どんな種類の薪を使うかとか。 色んな要素が美味しくさせるのだ。

薪ストーブの山食

熾火の状態と二次発酵具合が 上手く同調すると炉内でパンが焼けます。

端薪の焚き火

薪割りしながら。 端っこの薪で焚き火をしながら。 12inchで2kgのモツを煮込み中。

山食コンボ

油分入れるの忘れた。 でも3つの山肌と標高は十分。

山食の見た目と味

久しぶりのパーフェクトマウンテン。 見た目が美味しそうに出来ると 味もまた美味しくなるのだ。

湯種山食の山間

リフレイン山食。 新たな手法で山と谷がはっきりしてきたけど 秋の深まりに合わせ室温も低下して 常温で発酵させるのが難しい。 湯種は結構繊細なのだよ。

湯種山食の道半ば

パン作り教本を借りて読んだ。 そこに書いてあったちょっとした成形と 型に入れる時のテクニックを使ってみた。 そしたら久しぶりに山と谷が見えてきた。

自家製ロースハム 3.6kg

漬ける→塩抜き→ピチットシート→晒し巻→燻製

ダッチオーブンと雑草

果てしない雑草取りは時間を忘れるけど なかなか完成しない料理との相性は良い様だ。

1斤と1.5斤

1.5倍ってデカく感じる時もあるけど あんまり変わらないじゃんかとも思う。

理想の湯種食パンは。

トーストするとフランスパンの様に 外はバリっと中はモチッとする。 そして酸味があって、甘くない生地。

そして山食へ

ジャムとロースハムも準備完了。 これで甘いしょっぱいの最強組み合わせなのだ。

自家製ロースハム

3kgの部位指定リブロースを半分づつ。 ハンモックでうたた寝しつつ30分毎の 燻製チップを追加していくと 決めたのだけれど。

ジューンベリージャム

濃い赤色に熟した実は 鳥が気付く前にその都度収穫して 冷凍保存した。その量1.5kg。 木の成長と共に収穫量も増えるのが楽しい。

山食の型理論

1.5斤の型を使って焼くと贅沢に厚切りされる。 でも1斤の型で焼くとあまり厚切りされない。

フラップジャックか否か

オートミール ゴマ ハチミツ 大豆油 てんさい糖 生姜 ゲランド 厳密に言うと違うのだよ。

ジューンベリー

頂き物の苗でしたが 3年も経てば3m近い背丈。 今年は鳥に食べられる前に 赤く熟した実を都度収穫する事に。

豆で収穫

スナップエンドウ・絹さや そしてグリンピース。 新たに花芽が付かなくなってきたら 中の豆を大きくして収穫するのだ。

ロシアンケーキ

手作りのイチゴ・マーマレード・ウメを のせて完成なのだ。

コーヒーってヤツは

「豆の素性」や「焙煎」や「入れ方」 も大事だけどそれ以上に、 「飲む場所」と「気候」と「気持ち」 その3つが何より大事。

ハム日和

2週間前に仕込んだリブロースは 1週間かけて脱水してサラシに巻いて 半日燻製した後ボイルする。 そして軒先にぶら下げたら 美味しい湯気が見えた。 今日は雨の一日。 絶好のハム日和だ。

クッキーの箱

入れ物には手頃な感じとか素朴さとか必要。 中に入れたクッキーのそれと同じなのだ。

湯種食パン再来

成功への道は近道をしないで 失敗から学び突き進むのだ。

湯種食パン

理想のモッチリにはなった。 初めての製法で発酵不足だけどね。 失敗の原因が分かった。 つまり次につながる失敗なのだよ。

ほうれん草のパスタ

自家製ベーコンを炒めて、 チーズをガリガリする。 今が収穫最盛期のほうれん草で パスタを作るのだ。

シナモンロール

いつものシナモンロールを カップに入れて焼いてみた。 なかなか見た目は良いが、 普通、カップは再利用しないらしい。 でもね。 焼き終わったらカップは外してまた使うのだよ。

薪釜の山食

そして山は薪で焼かれ 山頂には幾つものクレバスが生まれたのだ。

発酵と熾火の関係

二次発酵のタイミングと 熾火の雰囲気が合った時だけ 薪ストーブの炉内で山食を作ります。

トリプルマウンテン

今季はこれ以上の山と谷を望むのは難しいかもしれない。 本当は朝一の爽やかな光の中で 焼きたてを写真に収めたいが 気まぐれな発酵を考えると目も離せず 結局、焼き上がりを見届けてから寝る事になる。 だから今日も深夜の登頂だったのだ。

燻製の煙

いつになく盛大に燻煙が上がっていますが、 これは今回は妻が温度管理&チップ担当だから。 肉が焼豚・焼き鳥にならない様に祈念しつつ 煙の行方を見守るのだ。

伊予柑ピールのオランジェット

まあ、派生レシピということで。 チョコと柑橘系が合わない訳無いのだ。

キンカンのマーマレード

金柑の実をマーマレードにしました。 しっかり甘くてほろ苦い大人味。 ちょっと濃いめですがね・・・。

山食再々々来

今度こそ理想の山食か。 今度は二次発酵の見極めが遅れて 型からはみ出してしまったよ。

チョコと伊予柑のクッキー

お菓子を作っているのだけど、 頭の中ではいろんな思考が 何かを形作っている。 その時、脳内はサードプレイスに なっているのだよ。 こないだの伊予柑ピールは 早速クッキーの生地に練り込む。

伊予柑ピール

パンにもスイーツにも使えるピールに しようという事になり、 早速取り掛かるが、思い立ったのが 夕飯の後だった為、 結局夜遅くにひっそりと完成。

団子より花

イチゴ狩りよりポピー狩りの方が 食い付きが良い2歳児。

ウィークエンド シトロン

週末なのに雨なので 薪を整理したり、子供と遊んだり。 遊びに出かける事だけが特別じゃないんだって 子供達が分かってくれると良いなと。 手作り梅ジャムが下地に隠れていて 甘酸っぱくそして濃厚。 子供のおやつにしては大人味なのだよ。

山食再々来

綺麗なトリプルマウンテンを目指しましたが 今度は2次発酵に時間を掛けすぎて 登頂は夜になってしまいました。

山食再来

中央の山の盛り上がりが足らない。 キメが少々荒い。 そして何より油分を入れるの忘れた。